地域復興調査研究協議会
メニュー
広報誌
今後の予定
予定なし
月別過去の記事
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
地域復興調査研究協議会とは
地域復興調査研究協議会(略称 復興研)は見附市今町地区の各団体の代表および有識者によって構成されています。
 2004年に新潟県を襲った「7.13水害」および「10.23中越地震」により、見附市今町およびその周辺地域の変貌が現実になることをきっかけに昨年2007年11月より調査研究を始めました(詳細)。

今町ふっこうけんライブ

2012年1月18日(水曜日)

まちなか賑わいづくりフォーラム

カテゴリー: - admin @ 04時51分50秒

1月15日に今町中学校体育館で復興研の主催による「まちなか賑わいづくりフォーラム」が開催されました。
まず久住見附市市長を招き、市内全体の「スマートウエルネスみつけ」の取り組みや今町地区でのまちなかの賑わいづくり、(仮称)刈谷田川防災公園の整備構想などについて基調講演を行っていただきました。
以下は復興研の飯塚会長による開会のあいさつと久住市長の基調講演の動画です。

基調講演の後は市民、中学生とパネルディスカッションを行い、意見交換をしました。
パネルディスカッションには、市民代表として、今町子育て支援センターイルミネーションプロジェクト代表の押野見重成さん、キズナの森運営協議会理事 広報委員長の佐藤菜穂子さん、
中学生代表として、今町中学校生徒会会長の千野裕貴さん(2年)副会長の吉田朱里さん(2年)が参加されました。
以下はパネルディスカッションの動画です。

フォーラムの終了後は同会場で恒例の「第5回凧を揚げて元気を出そう」を開催しました。
当日のスナップは追って掲載します。


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

 
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

14 queries. 0.268 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project : Designed By Theme4u.Net