地域復興調査研究協議会
メニュー
広報誌
今後の予定
予定なし
月別過去の記事
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
地域復興調査研究協議会とは
地域復興調査研究協議会(略称 復興研)は見附市今町地区の各団体の代表および有識者によって構成されています。
 2004年に新潟県を襲った「7.13水害」および「10.23中越地震」により、見附市今町およびその周辺地域の変貌が現実になることをきっかけに昨年2007年11月より調査研究を始めました(詳細)。

今町ふっこうけんライブ

2013年2月17日(日曜日)

今町町部地区地域コミュニティ設立準備会 第2回ワークショップ

カテゴリー: - admin @ 03時08分31秒

今町町部地区地域コミュニティ設立準備会の第2回ワークショップが、
1月22日に今町小学校で開催されました。

今回は今町を知るために今町で活動する各団体の代表の方のお話を聞いてみようというワークショップでした。
最初は代表の方による団体の活動の説明から始まりました。

今町地区福祉会の今野さんです。

今町小学校の原田校長です。

今町地区民生・児童委員協議会の藤田会長です。

今町活性化委員会の小川会長です。

今町地区青少年育成会の関崎事務局長です。

今町小学校PTA会の押野見会長です。

今町地区保健委員の上村さんです。

今町公民館の関谷館長です。



次に各会長さんがそれぞれのグループの中に入って質疑応答を受けました。
会長さんの話された各会の活動の実態はふだんは知りえない地域の問題点を知ることができて、
興味深いものでした。


会長さんとグループメンバーの発言をファシリテータさんが次々とホワイトボードに書き込んでいきます。


最後に質疑応答の内容をグループごとに発表しました。
お疲れ様でした。


2013年2月5日(火曜日)

まちなか賑わいフォーラムと第7回凧を揚げて元気を出そう

カテゴリー: - admin @ 15時30分44秒

1月13日に開催された「まちなか賑わいづくりフォーラム」と、
「第七回凧を揚げて元気を出そう」のスナップです。

「まちなか賑わいづくりフォーラム」の最初の久住見附市長による基調講演です。

見附市職員の方によるより詳細な今町地区の「まちなか賑わいづくり」構想の説明がありました。
パティオにいがたの完成を期に
BRTの導入など、これまでのクルマ中心から人が歩いて生活できるまちづくりへの転換のビジョンが語られました。

最後に久住市長と今町中学校の生徒の皆さんと復興研のメンバーが参加して、
NPO法人地方交流センター明石さんの司会のもとパネルディスカッションが行われました。



つづいて「凧を揚げて元気を出そう」です。豚汁の無料配布が行われたくさんの方が食べられました。



復興研の各WGの展示です。


焼きそばや駄菓子の販売もありました。

凧塗り絵や凧寄せ書きやミニ凧合戦などの体験コーナーもありました。

また新しい試みとして各WGの展示物にヒントが隠されていて、
参加者がそれを探して回るクイズラリーも行いました。

最後に凧揚げを行って「元気を出して凧を揚げよう」を締めくくりました。


今回もたくさんの方にお出でいただき、ありがとうございました。


13 queries. 0.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project : Designed By Theme4u.Net