地域復興調査研究協議会
メニュー
広報誌
今後の予定
予定なし
月別過去の記事
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
地域復興調査研究協議会とは
地域復興調査研究協議会(略称 復興研)は見附市今町地区の各団体の代表および有識者によって構成されています。
 2004年に新潟県を襲った「7.13水害」および「10.23中越地震」により、見附市今町およびその周辺地域の変貌が現実になることをきっかけに昨年2007年11月より調査研究を始めました(詳細)。

今町ふっこうけんライブ

2012年6月25日(月曜日)

「とりあえず凧」WGとじゃがいも子ども会のリクリエーション

カテゴリー: - admin @ 04時50分29秒

6月24日、今町子育て支援センターでグループ1「とりあえず凧」のWGが行われました。

内容は7月1日にアオーレ長岡で行われるWeラヴNiigata〜体験型郷土博〜の参加の打ち合わせでした。
このイベントに「とりあえず凧」も大凧とミニ凧つくり体験で参加します。
今町の他に白根の大凧も参加するとのことです。
両方の大凧が一堂に会する珍しいイベントになるのでぜひおいでください。

WGが終わった後、グループ1「とりあえず凧」のメンバーは、
今町公会堂に移動し、
じゃがいも子ども会主催のリクリエーションで、
ミニ凧ちょうちん作りを子どもたちに指導しました。


最初に保護者代表のあいさつと「とりあえず凧」の簡単な紹介です。


凧の周りの紙を切り落とします。


「とりあえず凧」のメンバーが熱心に作り方を説明しています。



竹ひごをはりつけて組み立てています。



色を塗っています。


最後に糸付けして完成です。

二時間半の長丁場でじゃがいも子ども会の皆さんと「とりあえず凧」のメンバーはお疲れ様でした。


2012年6月21日(木曜日)

第3回しばざくら植栽会

カテゴリー: - admin @ 07時04分21秒

この6月16日に刈谷田防災公園で小雨の振る中、
キズナの森主催による第三回しばざくら植栽会が行われました。
一万株ものしばざくらが植えられました。

休憩の時間の様子です。

今町一丁目1・2・3区および上新田町一区両自主防災会、中之島中学校、長岡技術科学大学ボランティアサークルVOLTofNUTSの皆さまに、
手伝っていただき無事終えることができました。


2012年6月1日(金曜日)

第6回凧を揚げて元気出そう

カテゴリー: - admin @ 05時18分07秒

以下は5月5日に今町諏訪神社脇刈谷田川右岸堤防で行われた、
第6回凧を揚げて元気出そうのスナップです。







豚汁の配布や駄菓子の露天の出店もありました。


刈谷田ウォーキング

カテゴリー: - admin @ 04時04分51秒

5月5日に「SANSAKU」主催による刈谷田ウォーキングが開催されました。
今回は趣向を変えて刈谷田川左岸の中之島地域を歩きました。

出発の様子です。

7.13水害のモニュメントを見学しました。

続いて水道塔に向かいました。

水道塔の上では「SANSAKU」のメンバーが見える山々や刈谷田川の歴史についてのレクチャーを行いました。

‘04中之島記念公園を見学しました。

次の目的地の刈谷田川土地改良区を目指して刈谷田川左岸を歩きます。

刈谷田土地改良区を前に郷土史家の淡路さんからレクチャーを受けます。

刈谷田川土地改良区では刈谷田川改修の記念碑を見学しました。

続いてこの地域が生んだ最も偉大な政治家大竹貫一を記念して作られた大竹邸記念館を見学しました。邸内には立派な庭園があります。

大竹邸の入り口です。

邸内は当時の様子が保存されています。さりげなく貴重な書や絵画が飾られています。

展示コーナーには頭山満と尾崎行雄の書が飾られていて、交友の幅広さを物語っています。

そのほか多数の展示品がありました。

最後に願勝寺の与茂七の墓を見学しました。


17 queries. 0.048 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project : Designed By Theme4u.Net