地域復興調査研究協議会
メニュー
広報誌
今後の予定
予定なし
月別過去の記事
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
地域復興調査研究協議会とは
地域復興調査研究協議会(略称 復興研)は見附市今町地区の各団体の代表および有識者によって構成されています。
 2004年に新潟県を襲った「7.13水害」および「10.23中越地震」により、見附市今町およびその周辺地域の変貌が現実になることをきっかけに昨年2007年11月より調査研究を始めました(詳細)。

今町ふっこうけんライブ

2009年9月24日(木曜日)

神明宮秋季大祭

カテゴリー: - admin @ 03時19分38秒

この9月20日に今町の神明神社で秋の大祭があり、グループ6「今中広報かわらばん」で取材に行ってきました。

ここには立派な土俵があり、かつては秋の大祭で毎年子ども相撲大会を開くのが名物でしたが、例に漏れずこの地域でも子どもたちの数が減ってしまったため、今は行われていません。それでも、毎年、この時期になると、土俵はきれいに土の盛り直しがおこなわれ、再び子ども相撲大会が行われる日を待っています。

現在では、氏子の皆さんが開くバザーと午後からのマジックショーが中心です。バザーは名物の焼きそばと、くじやカキ氷や水風船釣りなどが出ました。基本的には子ども向けの企画で、始終子どもたちが群がっていました。

焼きそばの味は定評があり、地域の大人たちが次々とやってきては求めていました。

マジックショーは隣の今町荘の大広間でありました。演じたのは見附市内を中心に活動されている見附ピュアマジックの皆さんで、胴体切りなどもあって、ハラハラドキドキの連続でした。


2009年9月22日(火曜日)

第5回全体会議

カテゴリー: - admin @ 03時22分33秒

9月12日に第5回全体会議が今町公民館で開催されました。
全体会議はこれまでも行われましたが、
これまでの午後7時開始では時間不足気味だったので、
午後4時からリーダーのみの前半2時間と、
食事を挟んでの一般メンバーの参加する後半3時間と、
計4時間に渡る長丁場の会議になりました。

前半はフォーラム以降の活動報告と、
各リーダが日ごろの活動で抱えている問題をぶつけるフリートークが中心でした。

後半は今後の活動計画と課題のリストアップですが
来年6月の凧合戦に向けて各WGで何かしようという提案が出て、
各WGが来年6月に向けて何をするかの表明を行いました。


2009年9月21日(月曜日)

グループ5「うんめもん」とグループ3「今町べと人形」WG

カテゴリー: - admin @ 18時22分10秒

9月5日は今町子育て支援センターで、
グループ3「今町べと人形」とグループ5「うんめもん」のWGがおこなわれました。

グループ3「今町べと人形」は来年の2月の天神講に、
中学ほうひん3年生に合格祈願として天神様の人形を配る計画が立案されました。

また藤田さんがリーダーの座を退き、
渡辺さんがリーダになることが決まりました。

グループ5「うんめもん」は来年すr6月の凧合戦に向けて、
瓶詰めのサルサソースなど、
最低一品の商品化は進めるロードマップの検討に入りました。

また、地場産トマトでどういう品種が、
サルサソースに向いているのかということが話題になり、
積極的に向いている品種を育成していこうという意見がでました。


2009年9月7日(月曜日)

グループ6「今中広報かわらばん」第21回WG

カテゴリー: - admin @ 21時29分07秒

この9月1日に今町子育て支援センターでグループ6「今中広報かわらばん」の第21回WGが行われました。

新メンバーの金子さんと伊佐さんが、
他のグループ6のメンバーと顔を合わせる初めてのWGになりました。
「いまなか風便り」の文字が詰まりすぎているなど、
フレッシュな視点の意見を多く聞くことができました。
もう一人新しいメンバーが加わる予定です。


17 queries. 0.387 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


 
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project : Designed By Theme4u.Net